作業方法の紹介

こげ穴修復前 こげ穴修復後

うっかりつけてしまったシートの焦げ跡
タバコの火を落とすと、すぐにシート下のスポンジが見えてしまいます。
小さな焦げでも、どうしても気になってしまいますよね。

  お車の下取り時には、タバコの焦げはマイナス査定にもなってしまいます。

  そんなお悩みを、リペアステーション.COMなら解決できます。

シート補修用繊維を106種類揃え、焦げる以前の雰囲気に、より近づけることを可能にしました。
フロアーカーペット補修用繊維の在庫も御座いますのでカーペットのコゲ跡もシート同様に修復できます!

            修理時間は、最長で2時間ほどかかりますが
  事前にご連絡いただければ修理の際の代車もご用意しますので、修理完了まで当店で待ち続ける必要はありません。

            まずは、お電話ください!


カーペットこげ修復前 カーペットこげ修復後


モケット・ファブリックシートこげ穴修理料金表

                 
      こげの直径   1か所 2か所目以降
  1cm以内 ( 単色 ) ¥ 3,800   + ¥ 2,000
  1cm以内 (複数色) ¥ 4,500   + ¥ 3,000
  3cm以内 ( 単色 ) ¥ 5,500   + ¥ 4,000
  3cm以内 (複数色) ¥ 7,000   + ¥ 5,000

布・モケット・ファブリックシートこげ穴修理方法のご紹介


布モケットシートたばこ穴

      この煙草のこげ穴を補修します。



布モケットシートたばこ穴

@   シートの汚れをシートクリーナーでクリーニングをしてシート本来の色にもどします。



ファイバー繊維で調色

A   ファイバー繊維をシートの色に合わせて調色します。



こげ穴部分のスポンジ作成

B   シートのスポンジ部分まで、こげていた場合は、オリジナルシートの硬さに近いスポンジから
   こげ穴部分にあわせて代用品を作成します。



こげ穴部分にスポンジを埋め込む

C   カットして作成したスポンジに接着剤を付けシートこげ穴部分にはめ込み接着します。





D   スポンジをはめ込んだ上にガーゼをかぶせ専用接着剤でシート生地とつなぎ合わせます。





E   上写真のガーゼの上に専用接着剤を塗った後、Aで調色したファイバー繊維をシートガーゼの横に置き
   ファイバー繊維をガーゼの上に滑らせるように異動させガーゼを隠します。





F   ファイバー繊維でガーゼが隠れたら、ファイバー繊維をドライヤーで乾燥させ完了です。



inserted by FC2 system